クリスマスチャペルコンサートがどんな感じなのかを見てきた

メリークリスマス。泉区プラスのヨシハルです。

<議題>
泉区プラスのヨシハルは考えた。この時期何かしらを見ると、クリスマスのイベントが載っているけれど、実際どんな感じなのよ。どんな年代の方がくるもんなのよ。入りづらい空気が流れていたりしないのだろうか?と。

ってなわけで、以前取り上げたこともある「仙台ロイヤルパークホテル」で開催された、クリスマスチャペルコンサート2015を泉区プラスのふるーちと共に見てきました(25日も開催されています。詳しくはこちら)。

ちょっと緊張する自分。。。
IMG_4141

地図はこちら↓

<内容>
本当に誰でも入って良いのだろうか?とか、チャペルってどこにあるんだろ?とか考えながら、入口にいた従業員さんに聞いてみると、、、、、。

凄く丁寧に場所を教えてくれました。ちょっと一安心です。

場所は移って、チャペルに到着。入りづらいという雰囲気は微塵も感じませんでした。こういう建物に入ったのは、友人の結婚式以来です。めっちゃ綺麗!!あと中庭のイルミネーションが凄かった。

客層は、小さなお子さん連れの親子が一番多くて、次にお年を召した夫婦や40~50代の夫婦が多かったです。少数だがカップルもいました。席数は、たぶん70人くらいあります。

簡単な注意事項の説明から、コンサートは始まりました。現れたのは宮城学院女子大学、音楽科、研究生の4人組。皆ドレスに身を包んでおりました。

クラシックやディズニー、クリスマスの曲を演奏したり、歌ったりして約30分のコンサートが終わりました。

<2人の感想>
ヨシハル:映画のワンシーンみたいな感じだった。そんでいて、歌がすごく上手かった。機会があればまた行きたいです。

ふるーち:クラシックの中でも誰でも知っているような曲やディズニーの曲を織り交ぜて、学生の盛り上げようという思いが伝わってきた。

<結論>
入りづらい雰囲気などはなく、従業員の方は親切だった。そんでいて、客層は小さなお子さん連れの親子が多く、その次にお年を召した夫婦や40~50代の夫婦だった。少数だがカップルもいた。そして、楽しいコンサートを過ごせた。

関連リンク:仙台ロイヤルパークホテル公式HP