3月11日を迎えて

スポンサーリンク

こんばんは、
さて、地域について日々情報を発信している泉区プラスですが、
今日は運営している側に関する記事も書いてみようと思います。

今日という日を節目と感じる人、そうでもない人、
色々いるのだろうと思います。
それこそ人の数だけ感情も感覚も違っているはずです。

なにせ自分一人とっても、心の中は複合的で綯交ぜだから。

5年前の3月11日をきっかけに出会えた人々も多くいます。
芽生えた感情もあります。
他人事ではなく自分なりに生きるのに必死だった瞬間も確かにありますし、
強烈な無力感に襲われもしました。

それでも、どうやら今日、自分は生きているらしい。
なんとなく自分に見えている世界は今日も動いているらしい。
色即是空という言葉があるけれども、
本来、それほどまでに自分が今ここにいるというのは、
有り難いことなのだと。

そんな中、一部分でも世界を共有できる誰かがいるのなら、
それはきっと豊かな人生なのだろうなと思います。
そう生きたいと自分は思っています。

幸か不幸か自分には「未来」は見えません。
生きるというは意志を持つことだと思っていますが、
生きるなら、明るい未来を想って生きたい。
自分に訪れるかもしれない10年後、20年後はもちろん、
自分はきっと目にすることのない100年後、1000年後のこともです。

私個人は、そんな思いでこれからも地域とも関わっていきたいです。