6/16(土)〜 宮城県美術館で「ディズニー・アート展《いのちを吹き込む魔法》」開催!

スポンサーリンク

いよいよ来週6/16(土)から宮城県美術館でディズニー・アート展《いのちを吹き込む魔法》が開催されるみたいです!

623316

公開されるもののほとんどが日本初公開ということで、手描きの原画やスケッチを見ることができる実に貴重な機会です。
現在、日本全国各地で開催されていて、いよいよ宮城県にも来るということになるわけです!

こちらはミヤギテレビ公式チャンネルによる告知映像です↓↓


主催は宮城県美術館さんとミヤギテレビさんなんですね。

展覧会の概要はこちら↓↓

ディズニー・アート展《いのちを吹き込む魔法》概要

会期
2018年6月16日(土)~9月30日(日)

開館時間
9:30~17:00(発券及び入場は16:30まで)
※ 7月~8月中の金曜日、土曜日、祝前日、8月6日(月)~8月8日(水)は19:00まで延長開館(発券及び入場は18:30まで)

休館
月曜日(ただし7月16日、8月6日、9月17日、9月24日は開館)、
7月17日(火)、9月18日(火)、9月25日(火)

当日券料金
一般1,500円
学生1,300円
小・中・高校生750円

前売券・団体料金(20名以上)
一般1,300円
学生1,100円
小・中・高校生650円

前売券・当日券販売所
[前売券 販売期間]2018年3月15日(木)~6月15日(金)まで
[当日券 販売期間]2018年6月16日(土)~9月30日(日)

宮城県美術館、藤崎、仙台三越*、チケットぴあ(Pコード:768-884)、ローソンチケット(Lコード:21628)、セブンチケット、イープラス、ミヤテレチケット、ミヤギテレビ事業部、宮城県庁1階売店*、みやぎ生協共同購入部*、コープふくしま共同購入部*

* は前売券のみの販売です

主催
宮城県美術館、ミヤギテレビ

協賛
大日本印刷

協力
日本航空、日本通運、JR東日本仙台支社

企画協力
日本科学未来館

特別協力
ウォルト・ディズニー・ジャパン

企画制作
ウォルト・ディズニー・アニメーション・リサーチ・ライブラリー

後援
仙台市教育委員会、(公財)宮城県文化振興財団、(公財)仙台市市民文化事業団、TBC東北放送、仙台放送、KHB東日本放送、テレビ岩手、福島中央テレビ、エフエム仙台、ラジオ3FM76.2、河北新報社、読売新聞東北総局、朝日新聞仙台総局、毎日新聞仙台支局、産経新聞東北総局、日本経済新聞社仙台支局、山形新聞・山形放送、岩手日日新聞社、福島民友新聞社、仙台リビング新聞社、仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会

展覧会公式HP
http://www.mmt-tv.co.jp/event/disney_art_2018/

引用元:http://www.pref.miyagi.jp/site/mmoa/exhibition-20180616-s01-01.html


「いいな。」

と書きながら声が漏れてしまいました。

大企画ですね!
どうやら、ミッキーマウスの誕生作『蒸気船ウィリー』から『白雪姫』や『ダンボ』といった初期作品、『アナと雪の女王』、『ズートピア』、『モアナと伝説の海』といった最近の作品まで、約1世紀分の原画、スケッチ、コンセプトアートまでもがみられるとのこと。

その数なんと約500点!

蒸気船ウィリー、わかりますかね?
よくディズニーアニメ史で紹介されるミッキーマウスについて紹介されるときは、
大抵この作品のモノクロ映像です。
ミッキーマウスの最初の公開作品になります。

子どもも大人も楽しめる企画なのは間違い無いのですが、
なんだったら子どもよりも大人の方が楽しめてしまうのでは?と思える企画です。

ディズニー作品が好きな人はもちろんですが、
”ディズニー”を好きな人が楽しめそうなところもいいですよね♪

興味がある方は是非実際に足を運んでみてください。

参考リンク:ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法 – 宮城県公式ウェブサイト