市名坂×謎×神社 雷神社に行ってきた

スポンサーリンク

こんにちは、泉区プラスのヨシハルです。今回訪れたのは『雷神社』。場所は市名坂の時遊館の隣にあります。車で通りかかるときに神社のようなものがチラッと見えると思っていた人は数多くいるのではないでしょうか?周りは木に覆われていて、本当にチラッとしか見えません。

image1

こちらが正面の画像です。

年季が入っているのが分かります。周りには、記録が書かれているような看板も見当たらず。残念なことに、ネットで検索しても詳しく書いているサイトは見つかりませんでした。ただ、雷神社と書かれている、龍と雲のような絵が描かかれている神額(神社の本堂正面や鳥居などに掲げてある看板)がありました。

image1 (18)

これが何を意味するのかは詳しくは分かりません。ですが、『雷神社』という名前と龍と雲。この3ワードから連想するに、雨量不足で飢饉が起きた。そこで、雷神様を奉って雨を降らせようとした。というところでしょうか?

image1 (16)

こうして、手を当て、目を閉じる。すると、なんとなく歴史を感じられる気がします。

結局、『雷神社』について詳しいことは分からないままに終わりました。実際に訪れてみたい人は下記を参照して下さい。

<雷神社>
〒981-3117
住所:仙台市泉区市名坂原田