南光台東にある、仙台藩の「焔硝蔵跡(火薬貯蔵庫跡)」にちょっと行ってみた。

スポンサーリンク

こんにちは、泉区プラスのヨシハルです。

先日の記事で書いた、「南光台商店街のHP」のことを調べているときに、南光台東に「焔硝蔵跡」があることを知ったのでちょっと行ってみました。

歴史好きな血がたぎります(詳しいとはいってない)。

「焔硝蔵跡」は、火薬貯蔵庫の跡地って意味です。

今日行ってみた所は、仙台藩が使用していたものらしいですよ。

ってことは、江戸時代につくられたものですね。

では、出発。

バイクで散策していると、情報通り住宅地の中に現れました。

Y20160228-1

地図はこちらになります↓

近づいてみると思ったより大きい!!

写真だと分かりづらいかもしれませんね。

看板がありました。

住所は南光台東なのに、「松森焔硝蔵跡」って名前なのが不思議。

Y20160228-3

登ってみるとこのような感じです。

Y20160228-4

結構な高さ。ちなみに、横で子どもが登ったり下りたりして遊んでいました。

座るところもあります。

Y20160228-7

反対側から、全体を撮ってみました。

この写真だと、どのくらいの大きさかイメージしやすいかも。

Y20160228-5

反対側の入口はこのような感じでした。

Y20160228-6

実際に行ってみると思っていたより凄かった。歴史のロマンを感じたい方は行ってみてはいかがでしょうか?

看板によると、元禄年間につくられたものらしいです。

帰って、「元禄って何年だっけ?」と思って調べてみると、なんと1688年~1704年

当時の江戸幕府の将軍は徳川綱吉でした。

そう聞くと何となくすごいって思いませんか?

以上、『南光台東にある、仙台藩の「焔硝蔵跡(火薬貯蔵庫跡)」にちょっと行ってみた。』でした。

また気になるところを知ったら行ってみようと思います。

関連リンク:松森焔硝蔵跡(仙台市HP)